サーベリング_No.1(10.11.07/伊豆)

夜半過ぎ。波止に着くと、相方は既に竿を振っており、早くも1本キープしていた。
ヒットルアーはブランカーで、現在も断続的に当たりがあるとのこと。
それならばとメタルジグ40gをセレクトし、シャクリ始めた。

口火を切ったのはエサ師だった。
アオリ狙いの生餌にヒットした形だ。
続いて相方にもヒット。
こちらはスレ掛かりだったが、明らかに時合い到来だ。
負けじとワンピッチショートジャークを繰り返すと、自分にも待望のヒット。

サイズは指4本といったところか。
上あごにがっちりフッキングしていた。
さらに相方、そしてエサ師が続く。
それにしても入れ食いモードに入った時の爆発力はすごい。
エサ師のヒットから僅か10分。
エサ師と3人で5本キープしている。
そんなことを考えていると、パタッと当たりが無くなった。
完全な沈黙。そして夜明け。
時合いを逃さないことがいかに重要か、改めて認識させられた釣行だった。




CONTENS OF SALT WATER GAME
トップページ
エギング
ヒラマサ
真鯛
カヤックゲーム
その他
OTHER CONTENTS
フカセ釣り
タックル
駄文
Contact
BBS
Book Mark
kayak55.com
Team N.W
DAIWA
MC works'
EVERGREEN
BREADEN
BASSDY
邪道
ECOGEAR
rapala

Copyright© 2002-2011 www.saltizm.com
All Rights Reserved.
k2-s.com ホームページ制作 2nd-css.com